スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独と星

僕は孤独を知った。
そして、恐怖を知った。
そんなときふと、僕は空を見上げる。
僕の目には数個の星しか見えない。
東京の空気のせいか僕の視力のせいか。
それでも、星は強く輝いている。

いつだって、僕を照らしてくれる。

テーマ : 詩・ポエム - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。